技術体系化チーム



研究と普及の連携により
現場への迅速な技術の定着



技術体系化チームのしごと

花・野菜技術センター内に各部、各科などで構成する技術体系化チーム運営会議を設けています。その運営会議のもと、技術普及部・研究員などで構成する体系化チームは普及センターと密接な連携を図り、地域農業現場のニーズに根ざした技術の普及定着、研究開発を行います。


これまでの成果

  □スターチス・シヌアータの茎葉黄化対策技術の実証
   (平成26年指導参考事項 空知農改北空知支所と共同成績概要書

  □ホワイトアスパラガス伏せ込み栽培における省力化技術と必要経費
   (平成24年 指導参考事項、空知農改空知南東部支所と共同成績概要書

  □もみがら資材利用培地による夏秋どりいちご高設栽培の低コスト化技術
   (平成23年 指導参考事項、空知農改と共同成績概要書

  □花ゆり「きたきらり」の安定栽培法
   (平成21年 指導参考事項成績概要書パンフレット

  □まさかりかぼちゃおよび札幌大球キャベツの特性
   (平成20年 指導参考事項、野菜科、中央農試遺伝資源部と共同成績概要書

  □道央地域におけるりんどうの栽培指針
    (平成18年 普及推進事項、花き科と共同成績概要書

  □アスパラガスハウス立茎栽培の品種特性と栽培ガイド
    (平成17年 普及推進事項、野菜科 園芸環境科と共同成績概要書

  □道央水田地帯におけるアスパラガス立茎栽培導入の経営指針
   (平成16年 普及推進事項、中央農試、空知中央農改と共同成績概要書

  □こまつなの品種特性とクリーン栽培技術
   (平成16年 指導参考事項、中央農試、石狩中部農改と共同成績概要書

  □メロンつる割病レース1,2y抵抗性台木品種「どうだい2号」導入指針
   (平成15年 普及推進事項、空知西部農改と共同成績概要書

  □トマト新規導入産地の振興方策
   (平成15年 普及推進事項 中央農試、空知東部農改と共同成績概要書

  □アスパラガスハウス立茎栽培の立茎本数とかん水量
   (平成14年 普及推進事項 空知中央農改と共同成績概要書

  □デルフィニウム夜冷育苗利用による秋切り栽培技術の普及
   (平成13年指導参考事項 空知東部農改と共同成績概要書



研修事業技術支援活動圃場管理

ページのトップへ