研修事業


学び、育む。

明日への技術。

 



 研修事業について 

花・野菜技術センターでは、本道の気候や土壌にあった「品種」や「生産技術」の開発を行うとともに、「開かれた農業試験場」として、成果の迅速な普及定着や生産を担う人材の育成を目的に「北海道花き・野菜技術研修」を行っています。



 北海道花き・野菜技術研修の概要 


種類 内容
専門技術研修


(もっと詳しく)

研究員などによる個別指導を通じて、課題解決や各種技術習得を図るための技術研修

コース 花き栽培、野菜栽培、土壌肥料、病害虫
期間 1年以内の範囲で任意に設定できます
募集人員 各コース2名程度

募集についてはこちら(研修のご案内 へ)
総合技術研修


(もっと詳しく)

6ヶ月のカリキュラムにより、講義・演習・実習・視察研修等をとおして、花き・野菜に関する基礎理論から実践技術までを習得するための技術研修

コース 花きコース、野菜コース
期間 6ヶ月間
募集人員 10名

募集についてはこちら(研修のご案内 のページへ)
 基礎技術研修
(ベーシックセミナー
新規参入者やUターン就農者等を対象とする花き・野菜栽培の基礎知識を習得する短期間セミナー

募集についてはこちら(研修のご案内 のページへ)
課題解決研修

農業試験場が開発した新品種・新技術の普及定着や地域課題解決のための支援セミナー等


詳細についてはこちら(課題解決研修 のページへ)
市民セミナー

消費者の方々に花と野菜に対する理解を深めていただくためのセミナー等


詳細についてはこちら(市民セミナー のページへ)

技術体系化チーム技術支援活動圃場管理

ページのトップへ