野菜Xファイル
更新日  2005/02/11


世の中には科学や常識では解明不可能な事件や現象があるようですが、それと同様に、農業試験場に持ち込まれて診断を依頼された花や野菜のサンプルには、その異常な外観の原因が病気でもなければ害虫でもない、 養分の欠乏症でも過剰症でもない、として原因不明のままに終わっているものがあります。

このページでは過去に農試に診断依頼された記録の中から原因不明のままとなっているもの、解明に時間のかかったものについて掲載します。

File No.011「角の生えたカボチャおよびFile No.010「花蕾内部が褐変したブロッコリーに追加情報を掲載しました。

File No.009「鱗葉が褐変したアスパラガス」に追加情報を掲載しました。

File No.018           

ヘタが黄色くなった中玉トマト

2005.2.14掲載           

File No.017           

胚軸のくびれたミニトマト

2004.12.28掲載           

File No.016           

骨のあるカボチャ

2004.12.27掲載           

File No.015           

果実に黒い小斑点が付いたピーマン

2004.8.20掲載           

File No.014           

葉が白っぽいモザイク模様になったハクサイ

2004.6.6掲載           

File No.013           

ニキビ面のカボチャ

2003.10.26掲載           

File No.012           

葉に褐色斑点の生じたミニトマト

2003.9.23掲載           

File No.011           

角の生えたカボチャ

2003.7.25掲載
2003.9.16更新
           

File No.010           

花蕾内部が褐変したブロッコリー

2003.2.21掲載
2003.9.16更新
           

File No.009           

鱗葉が褐変したアスパラガス

2003.1.27掲載
2003.7.15更新
           

File No.008           

芯部が褐変したトマト

2003.1.15掲載           

File No.007           

内部の一部が赤く変色したゴボウ

2002.12.26 掲載           

File No.006           

ミニトマトのおまけ付き大玉トマト

2002.12.24 掲載           

File No.005           

果皮があばた状になったカボチャ

2002.12.17 掲載           

File No.004           

果肉に水玉模様の入ったメロン

2002.12.11 掲載           

File No.003           

豹柄のミニトマト

2002.12.6 掲載           

File No.002           

葉にカルス状斑点が生じたアルストロメリア

2002.12.4 掲載           

File No.001           

果実表面にワックス状物質が生じたカボチャ

2002.12.4 掲載           

ここに記載されている事例について同様の事例を経験された方、あるいはすでに原因がお分かりの方はお手数ですが下記までアドレスまでメールをお送りくだされば幸いです。差し支えなければこのページで紹介させていただきます。

hanayasai-agri☆hro.or.jp
(☆を@に替えて下さい)

このページのトップ


ページのトップへ