Q.北海道ではどのようにしてイネが作られ始めたの?本州のイネと北海道のイネの違いは?

A.

 北海道で稲作が本格的に始まったのは、明治時代になってからです。その前は、道南地域で栽培されたこともありましたが、その頃のイネの品種にとっては寒さがきびしくなかなか成功しなかったようです。
 明治維新のあと、北海道の開拓が始まりました。最初は寒くて稲作は無理だろうと思われていましたが、島松村(現在の北広島市)の中山久蔵氏を代表として、熱心な農民が、自分でいろいろ工夫をしてイネの栽培に成功しました。やがて、農業試験場でイネの品種改良や栽培方法の研究が始まり、それにつれて、水田の面積もどんどん増えていきました。今では、北海道は日本のなかで重要なお米の産地となっています。
 北海道は夏の温度が低いので、もともと暖かい地方がふるさとのイネにはきびしいところです。そこで、北海道の中でも夏の温度が比較的高い道南地域、道央地域そして道北地域のうち上川、留萌地方などでたくさんつくられています。
 ところで、北海道で栽培されている品種は本州の品種とはまったく別の品種ですが、北海道で本州のイネが作れないのには、寒さだけではなくもう一つの大きな理由があります。じつは、本州の品種を北海道で栽培しても、秋になってから穂が出るので、寒くてお米がみのりません。ですから、北海道では、「コシヒカリ」や「ひとめぼれ」、「つや姫」などの本州のイネが栽培できないのです。これは日長反応と言って、本州のイネは日が短くならないと穂が出ないという性質を持っているためなので、気温が変化しても大きく変わることはありません。逆に、北海道の品種は日が長くても暖かくなれば穂が出る性質をもっているので、北海道には適していますが、本州で栽培するとイネがまだ小さいうちに穂がでてしまい、わずかの量しか収穫できません。
 そのため、北海道の品種は北海道で独自に品種改良を行う必要があるのです。


質問コ-ナ-に戻る

ページのトップへ