Q.水稲の品種改良はなぜ、どのようにするの?

 

A.

 品種改良というのは、新しい品種を作ることです。なぜ、新しい品種をつくるのでしょうか。
それは、いままでの品種よりもおいしくなることで食べる人が喜んだり、たくさんとれて寒さや病気に強い品種ができれば、農家の人が作りやすくなるためです。
北海道のイネの品種改良で大事なことは、北海道でもきちんと実る、早生(わせ)で、寒さに強く、おいしい品種を作ることです。以前は、北海道のお米は本州のお米にくらべておいしくないといわれてきましたので、食味の改良に力を入れてきました。
実際に品種を作るには、まず、性質が違う品種同士をかけあわせ(交配)、その子ども、孫、ひ孫たちを作り出して、その中から、性質のすぐれたものを選び出します。これを、選抜(せんばつ)といいます。
そして、選抜されたものを、さらにいろんなテストにかけます。このテストには、寒さに強いかどうかを調べる「耐冷性(たいれいせい)検定試験」、いもち病という病気に強いかどうかを調べる「いもち病抵抗性検定試験」、お米がどれぐらいとれるかを調べる「生産力(せいさんりょく)検定試験」、おいしいかどうかを調べる「食味(しょくみ)試験」、そして、北海道の品種として、ふさわしいかどうかを決定する「優良(ゆうりょう)品種決定試験」など、さまざまなテストに合格して、はじめて品種になるのです。
たとえば、「きらら397」は、「しまひかり」と「キタアケ」という、ふたつの品種をかけあわせ、その子どもたちの中からえらびだされました。「しまひかり」は、おいしいが寒さに弱いというとくちょうがありました。この品種はせっかく、おいしいのに寒さに弱いために、北海道の南のほうでしかつくれませんでした。それにたいして、「キタアケ」は、あまりおいしくありませんが、寒さには強い品種でした。そこで、ふたつの品種の良いところをくみあわせて、作り出したのが、寒さに強く、おいしい「きらら397」というわけです。
「きらら397」の場合は、かけあわせてから、品種になるまで、8年かかりました。8年というと、ずいぶん長いと思うでしょうが、これでも昔にくらべると3~4年も短くなりました。この、品種ができるまでの時間を短くするために、温室で秋や冬の間もイネを育てて一年間に2回、イネを作っています。


質問コ-ナ-に戻る

ページのトップへ