グループの概要

乳牛グループは乳牛の飼養管理、繁殖管理、乳質および酪農経営に関する技術開発を行っています。


      乳牛グループ

飼養

北海道の豊かな土地資源と自給飼料に立脚した

乳牛の飼養管理に関する研究を行っています。


・育成牛の発育向上を目指す飼養管理の検討

・周産期疾病を予防する飼養管理の確立

・自給飼料の効率的な利用法の検討

・生乳の品質向上

繁殖

乳牛の安定した繁殖サイクルを維持するために

繁殖技術の向上、適切な飼養管理に関する研究を行っています。


・受胎率向上技術の開発

・繁殖サイクルの短縮を目指した技術開発

・センシング技術を用いた疾病等の早期発見

・農場における牛群データの利活用法の策定

経営

中長期にわたる持続的な酪農経営のための経営研究、

酪農作業の省力化の促進、新技術の研究・開発を行っています。


・持続的な酪農経営、地域農業の活性化促進に関する試験研究

・粗飼料サイレージの品質向上の関する試験研究

・新技術の導入、現地農場での実証試験





ページのトップへ