道民の皆様へ

 道民の皆様に畜産試験場の取り組みを紹介するページです。

来場される皆様へのお願い



道総研畜産試験場では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、


・会議室等を活用した「分散勤務」

・研修会等での施設利用や道内見学の受入中止

・御来場いただいた皆様の御対応をロビー等の広いスペースに限る

・入場の際の手指のアルコール消毒、マスク着用の依頼


等の取り組みを行っております。

御来場時に、従来と異なる対応をさせていただく場合がございますので、

御理解いただけますようよろしくお願いします。


また、御来場いただく際は、感染拡大防止の観点から、大人数を避けて、

必要最小限の人員としていただけますよう併せてお願いします。


1 イベント

・スクラム十勝シンポジウム2019

 スクラム十勝を構成する6つの機関(国立大学法人帯広畜産大学、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
北海道農業研究センター芽室研究拠点、地方独立行政法人北海道立総合研究機構畜産試験場、地方独立行政法人
北海道立総合研究機構十勝農業試験場、公益財団法人とかち財団、独立行政法人家畜改良センター十勝牧場))は、フード
バレーとかち推進協議会の構成機関として「食」と「農林水産業」を柱とした産業振興に取り組んでいます。近年、生命の設計図で
ある遺伝子の解析技術が飛躍的に発展し、これまで遺伝子データを活用できなかった分野でも取り組みが始まっています。

 そこで、今回のシンポジウムでは「食と農に貢献する遺伝子データの活用」をテーマとして、スクラム十勝の関係機関における
研究成果や現在進行中のプロジェクトを、一般の方を対象にわかりやすく紹介します。


日時 :令和元年(2019年)10月30日(水)13:30~16:40
会場 :とかちプラザ 2階 視聴覚室
参加:無料(先着160名)
詳しくはこちらをご覧ください。(開催チラシ)



・十勝畜産技術セミナー

畜産試験場をはじめとする関係機関が開発した新しい技術や実証・調査成果の中から十勝酪農・畜産の進展に寄与する内容を
中心に、十勝管内の関係者の方々に広く紹介するため、開催しています。
詳しくはこちらをご覧ください。



・畜産試験場公開デー【見る・聞く・触れる 家畜の世界】


小中学生や一般市民および農業・畜産関係者などを対象に、体験学習の場として、場内施設および試験研究内容などを
公開することにより、試験場に対する理解の促進を図り、生産と消費の結びつきを深めることを目的として開催しています。

 

 畜産試験場公開デーの開催中止について

 日頃より、当場が実施する試験研究にご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、当場では、開かれた試験場を目指し、道民の皆様を対象として畜産の世界に触れる場を提供し、業務内容や研究成果を
紹介することを目的に、毎年夏季に公開デーを開催して参りました。

 しかしながら、現在、新型コロナウイルス感染症の発生により、道内におきましても感染リスクの高い状態が続き、不要不急の
外出自粛や各種イベント等の中止など、道民の皆様や関係者が一体となって、まん延防止に取り組んでいるところですが、
収束が見通せない状況にございます。

 このような状況を鑑みまして、当場においては、本年度の公開デーを中止することと致しました。

 毎年開催を楽しみにしていただいている皆様には誠に申し訳ございませんが、何卒、ご理解を賜りますようよろしくお願いします。


                                         地方独立行政法人北海道立総合研究機構
農業研究本部畜産試験場長


2 見学案内


農業関係者及び地域の皆様に畜産試験場のことをもっと知り、より親しんでいただくために場内見学を実施しております。
皆様のご来場をお待ちしています。なお、事前に必ず電話で確認の上、申込書等を送付してください。
詳しくはこちらをご覧ください。


3 出版物


畜産試験場が発行した出版物をご紹介します。
詳しくはこちらをご覧ください。

畜産試験場トップページへ戻る


ページのトップへ