十勝農業試験場 小豆菜豆グループ 





北海道全域を対象に小豆、菜豆(インゲンマメ)の品種改良を行っています。

小 豆


小豆では、
耐病性、耐冷性が強く、品質の良い多収の小豆(普通小豆・大納言小豆・白小豆)の新品種開発を行っています。
  現在、耐病・耐冷・良質・多収品種の育成、コンバイン収穫適性を備えた品種の育成、高度耐冷性品種の育成、を重点的に進めており、これらに優れた加工適性を付与して、海外からの輸入小豆に負けない良質小豆を安定生産できるよう、試験研究を進めています。

→小豆の研究内容

金 時

菜豆とは、
餡・煮豆・甘納豆などの原料になる乾燥子実用のインゲンマメの呼び名で、金時・白金時・手亡(てぼう)・うずら・虎豆・大福(おおふく)などの種類があります。これまでに、長い蔓が出ず手竹なしで栽培できる、金時・白金時・手亡・うずらを対象として品種を育成してきました。
  現在は、北海道での栽培面積が多い金時と手亡を主に新品種開発を行っています。金時では、インゲン黄化病という病気に抵抗性を持ち、良質で大粒・多収の品種の育成、手亡では インゲン炭病という病気に強く、良質で多収品種の育成を、各々目標にして います。また、菜豆類は収穫の機械化が最も遅れている畑作物であるため、機械収穫に向く品種の開発も重要な目標としています。

→菜豆の研究内容

手 亡

新品種開発と合わせて、小豆・菜豆の栽培法に関する試験や、遺伝資源の保存・特性調査等の基礎研究も行っています。




優良品種一覧(小豆・菜豆)

◎  Q & A (小豆・菜豆)

北海道アズキ物語

 スタッフ

 

 

ページのトップへ