概要・沿革

 

当場は、現在、8つの農業試験場のうち、「畑作(豆類、てん菜)に関する試験研究に重点を置く。また、園芸、麦類、馬鈴しょなどに関する試験研究を実施する。地域対応は主に十勝圏とする。」と位置付けられていますが、その歴史は十勝の開拓と共に歩み、明治28年(1895)に十勝農事試作場として帯広村(現帯広市)に開設されてから百年以上が経過しました。その間、北海道及び十勝農業の変化と共に幾多の変遷を経て、即ち昭和25年(1950)に北海道立農業試験場十勝支場となり、昭和35年(1960)に現在地芽室町に移転し、さらに昭和39年(1964)に北海道立十勝農業試験場に改称されました。

top100401 現在の庁舎

 この厳しい道東十勝地方に、現在のような輝かしい農業を展開できたのはまさに技術開発の大きな成果の賜物であり、その研究の中心となった当場の研究・普及体制の変遷をみると、昭和31年(1963)農林水産省大豆育種指定試験地、昭和38年(1963)とうもろこし育種指定試験地、昭和48年(1973)小豆育種指定試験地に指定され、それぞれの作物の新品種開発が行われてきました。さらに、昭和39年(1964)に現在の研究体制に近い1課、9科体制に整備され、その後、昭和44年(1969)に専門技術員、昭和59年(1984)に経営科、平成4年(1992)に園芸科がそれぞれ新たに設置され体制の強化が図られてきました。また、その任務を果たしたとうもろこし育種指定試験地は平成11年(1999)に廃止されました。

  平成12年(2000)には、道立農試組織再編に伴い、部、課構成は、研究部(11科)、専門技術員室、総務課の1部、1室、1課構成から、作物研究部、生産研究部、技術普及部、総務課の3部、1課構成に再編された。作物研究部は、管理科、大豆科、小豆菜豆科、てん菜畑作園芸科(平成18年畑作園芸科に改称)の4科、生産研究部は、栽培システム科、経営科、栽培環境科、病虫科の4科構成となりました。専門技術員室は、技術普及部に名称変更となりました。

  平成22年(2010)から、地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 農業研究本部 十勝農業試験場となりました。さらに、平成23年(2011)には農林水産省の指定試験地制度が廃止されました。

 現在、当場では、環境保全型の大規模畑作及び一部園芸との複合機械化農業のさらなる発展を目指して、畑作、園芸を中心に畜産との連携を図りながら試験研究が進められています。

 

 

 

 

 

ページのトップへ