平成25年度十勝圏農業新技術セミナー

 

 

 

平成26225()

10:0015:00

 

鹿追町町民ホール ホワイトホール

 

 

当日は多数の方々(289)にご来場いただきました。

誠にありがとうございました。

 

 

ポスター プログラム 要旨集

 

 

開 会

 

 

10:00

 

主催者挨拶

道総研十勝農業試験場長

木村 秀雄                    

 

 

    来賓  挨拶

鹿追町長

吉田 弘志 様

 

 

    来賓  挨拶

十勝農業改良普及センター所長

菊池 誠市 様

 

 

 

 

 

 

セミナー発表

1.新品種と新技術の紹介(午前の部)                         

    ① センチュウに強くて、よくとれる!でん粉用ばれいしょ「北育20号」

    ② 期待のてん菜新品種「HT34」「KWS1K234

    ③ 加工歩留まりが高い 長球たまねぎ「カロエワン(北交1号)」

    ④ 小麦の雪腐れ病を防ぐには-効き目の長い殺菌剤を利用して-

    ⑤ 過去のデータから「きたほなみ」の最適施肥量がわかる!

⑥ 「ゆめちから」の品質変動とブレンド粉の加工適性

⑦ 青色申告決算書を使って所得解析ができる!

 

昼食・ポスター展示・試食

 

2.新技術の紹介(午後の部)                                 

    ⑧ 大豆のリン酸施肥を3割減らせる前作条件

⑨ 小豆の農薬成分使用回数半減モデル

⑩ ばれいしょの規格内率向上にはやっぱり茎数確保が大事

⑪ ばれいしょの特別栽培を可能にする疫病防除法

⑫ エチレンガスを用いた生食用ばれいしょの長期貯蔵技術

⑬ 今年注意すべき病害虫

 

3.農業改良普及センターにおける普及活動事例の紹介           

清水町における普通型コンバインによる大豆収穫の取り組み

 

 

 

10:1511:55

 

 

 

 

 

 

11:5513:15

 

13:1514:30

 

 

 

 

 

 

 

14:3014:45

 

 

閉会

15:00

 

ページのトップへ