トヨコマチ:白目中粒の”とよまさり”銘柄の基幹品種で耐冷性と品質に優れる

 

1.加工適性

(1)加工上の長所・短所

 加工上の特徴は、”とよまさり”銘柄の主力品種「トヨムスメ」と類似しています。美味しさの代表的指標であるショ糖含量が高く、煮豆や惣菜、小袋販売用として要望が多い品種です。他方、タンパク質含量が低いために豆腐収率がやや劣り、豆腐も柔らかですが、ショ糖含量が多いことから食味のよい豆腐の原料として好評です。

 外観品質では「トヨムスメ」に比較して粒大がやや小さい反面、開花~着莢期の低温により発生するへそ周辺の褐変が少ないことから、安定しています。

 

(2)品質に関するデータ  

品 種 種皮の色 へその色 粒大 100粒重(g) タンパク質(%) 脂質(%) 遊離型全糖(%) ショ糖(%)
トヨコマチ 黄白 中の大 32.7 40.0  18.8 12.8 7.7 
エンレイ(長野) 大の小 30.4 46.8 19.5 10.0 5.1
フクユタカ(九州) 淡褐 27.9 44.7 19.9 11.1 6.2
タマホマレ(長野) 中の大 30.4 41.2 20.5 11.8 7.1
VINTON (米国)  - 42.0 19.7 10.8 5.8

  注)成分分析値は日本女子大。平氏(現 目白学園)による。「トヨホマレ」は十勝農試の分析値

 

(3)主な用途における加工適性試験成績

煮豆

官能評価 5に近いほど良
色沢
光沢
香り
舌ざわり
皮の硬度 柔らかく良い
風味
総合 3~4

トヨムスメを基準(3)に評価
(原料は平成11年十勝農試産)

 

豆腐  

官能評価 トヨコマチ フクユタカ VINTON81
豆乳粘度(cp) 25.0 16.5 13.5
豆腐硬度(g/cm2) 60 106 120
外観 4.4 4.1 4.0
におい 3.4 3.1 3.3
甘み 3.5 3.4 2.9
こく 3.4 3.3 3.3
不快感 1.5 2.3 2.9
食感 2.3 3.5 3.5
おいしさ 4.4 4.0 3.1
嗜好の順位 1 2 3

注)煮豆の成績は「大豆新品種決定に関する参考成績書」(昭和63年)、
豆腐の成績は「国産大豆利用促進事業報告書」(平成9年)による。

 

2 栽培特性

(1) 栽培上の長所・短所

成熟期が「トヨムスメ」より5日程度早い中生の早の品種です。収量は、中生種の同品種よりやや劣りますが、低温抵抗性はやや強く、また、へそ周辺着色粒の発生が少ないため、冷涼な気候や秋期の天候が不順な地域では収量および品質面で安定性が高い白目品種です。

また、密植による増収効果が高い特徴があります。最下着莢位置が高く耐倒伏性も強いのですが、裂莢の難易は易であり、コンバイン収穫に対する適性は中程度です。

病害虫抵抗性では、センチュウ抵抗性が強で、わい化病と茎疫病(レース群Ⅰには強)抵抗性は弱です。

(2)栽培特性に関する育成場所での試験結果

項目  トヨコマチ     トヨムスメ  
収量(kg/10a)    289       315    
早晩性   中の早
(9月30日)  
    中 
(10月7日)   
コンバイン収穫適性    
  耐裂莢性    易        易    
  耐倒伏性    強        強    
  着莢位置    高        中    
低温抵抗性   やや強       中    
病害虫抵抗性    
 シストセンチュウ抵抗性    強    
 
    強    
 
 ダイズわい化病抵抗性    弱        弱    
 ダイズ茎疫病抵抗性 
(レース群Ⅰ/Ⅱ/Ⅲ/Ⅳ)
強/弱/弱/  強/強/強/ 
 ダイズ黒根病抵抗性 
 
   弱    
 
    強    
 

(3)栽培地域

北海道(上川、網走地方)  2,726ha

(4)栽培上の留意点

わい化病に弱いため防除を徹底して下さい。

国産大豆品種の事典2000
農林水産省
農産園芸局畑作振興課
農林水産技術会議事務局企画調査課

戻る