公開講座「令和元年度日本水産学会北海道支部 道民に身近な水産資源の利用と新しい特産物の開発」開催のお知らせ


近年、北海道沿岸の漁獲量が減少し、身近であった魚が食卓へあがる機会が減っています。

道総研水産研究本部では、水産物の資源管理や増養殖による安定供給、水産加工の技術

開発を試みており、研究成果を道民の皆さまへわかりやすく伝えることを目的に、日本水産

学会と共催で公開講座を開催します。



ページのトップへ