平成25年度 事業概要

ページ内目次

調査研究部

研究課題名

研究内容

漁場海底画像を利用したホタテガイ高精度資源量推定技術開発(H24-26)

けん引式海底動画撮影装置の開発と自動画像解析技術開発を組み合わせ、高精度資源量推定技術を確立する。

海域間におけるマガレイ稚魚の成長の違いと餌料環境の影響の解明(H24-26)

日本海とオホーツク海のマガレイ稚魚の成長差と餌料環境の関係を明らかにする。同時に耳石成長量を使った天然稚魚の栄養状態評価ツールを開発する。

北海道周辺に分布するニシンの遺伝情報を利用した集団構造解析技術開発 1(H24-26)

北海道周辺海域に分布回遊するニシンについて系群単位でmtDNAを用いた遺伝的特徴をデータベース化する。

漁業生物の資源・生態調査研究(継続)

カレイ類、キチジ、ミズダコ、ケガニ、スケトウダラ、ホッケ、サンマ、その他浮魚類、ウニ類の分布、年齢、成長等の基礎的生態の知見集積と資源評価を行う。

資源評価調査(継続)

スケトウダラ、マダラ、ホッケ、キチジ、マガレイ、ニシン、サンマ、マイワシの生物情報収集調査及び生物測定調査を行う。

地まきほたて漁業海域におけるホタテガイおよびマヒトデの移動に関する研究(H25)

超音波テレメトリー手法により漁場内のホタテガイの個体レベルの移動実態把握技術を開発する。

超音波テレメトリー手法を利用した曳網軌跡および曳網距離の解明(H25)

超音波テレメトリー手法を用いて、ホタテ桁網の正確な曳網軌跡と曳網距離を測定し、推定精度の高い曳網面積を明らかにする。

北海道資源生態調査総合事業(H25-29)

ホッケ道北系群の加入量早期予測のために、産卵場・稚仔魚期の成長・生残と環境との関係を明らかにして年級群豊度の指標を探索する。

ホタテガイ成長モニタリング調査(H23-25)

放流ホタテガイの成長及び海洋環境調査、4.5月のモニタリングデータから貝柱歩留の予測を行う。また、オホーツク海沿岸の基礎生産メカニズムを解明するために、クロロフィル連続記録・流況・セディメントトラップ観測等を行う。さらに、過去のモニタリングデータを使って基礎生産に影響する環境要因を抽出する。

オホーツク海ホタテガイ外海採苗安定調査および浮遊幼生自動解析技術開発(H24-26)

浮遊幼生の分布と海況の関係を調査する(中央水試・網走水試)。ミトコンドリアゲノムのハプロタイプ頻度解析によるオホーツク海海域のホタテガイの親子関係解明を試みる(網走水試)。ホタテガイとイガイ類の同時2重染色技術と画像解析技術を統合した浮遊幼生自動解析技術を開発する(栽培水試・熊本大学・網走水試)

根室海峡ホタテガイ生産安定化に向けたモニタリング調査(H24-26)

ホタテガイの成長モニタと環境調査およびヒトデの分布状況を把握し、相互関係を検討する。同時に、海底画像を用いたヒトデの自動解析技術開発を行う。

ミズダコの生息水温帯の推定(H25)

オホーツク海におけるミズダコの経験水温を把握し、隣接する宗谷で得られる結果と合わせてミズダコの生息適水温帯を解明する。

地まきほたて漁業海域におけるホタテガイおよびマヒトデの移動に関する研究2(H25)

超音波テレメトリー手法により漁場内のマヒトデの個体レベルの移動実態把握技術を開発する。

 

加工利用部

研究課題名 研究内容

道産ホッケの用途に応じた安全・高品質化技術の開発(H22-26)

寄生虫分布調査やホッケ一夜干し製品の品質安定化技術の開発を行い、道産ホッケの需要創出を図る。

ホタテガイ貝柱の品質に関する試験(H25)

 ホタテガイ貝柱加工品の「生玉」や「玉冷」の品質安定化に向けての基礎的知見の集積を図る。

冷凍ホタテガイの品質向上に関する基礎試験(H24-26)

 ホタテガイ貝柱の食感は、生鮮品に比べて冷凍品は繊維感に劣るため、その抑制技術開発に向けての基礎的知見の集積を図る。

冷凍サケの品質安定化に関する基礎試験(H25-28)

 冷凍サケ解凍時の品質の安定化を図るための基礎的知見の集積を図る。

ヤマトシジミの品質向上試験(H25-28)

 ヤマトシジミの生息環境と品質との関係、および生鮮流通や冷凍処理による呈味性の変化を把握し、品質向上技術の開発を図る。

乾貝柱製品の品質向上に関する試験-1(H24-26)

 全道乾貝柱製造工場の乾貝柱製品品質データベース化と乾貝柱製品における「亀裂」や「砕け」の実態調査を行い、その発生原因を検討することにより品質向上を図る。

依頼試験(継続)

 水産業界からの依頼により、分析を行い、業界の円滑な活動を支援する。

水産加工技術普及指導事業(継続)

 移動加工相談室の開催、巡回指導を行う。

乾燥ナマコの品質安定化に関する基礎的研究(H25)

乾燥ナマコの製造において、ボイル処理後に体壁(ナマコの内臓を除いた部分)が軟化する個体(通称:モチナマコ)の発生が時々認められる。このため、モチナマコの発生原因を明らかにするための基礎的知見の集積を図る。

道産タラ類の魚肉の冷凍変性抑制に関する基礎的研究 2 (H25)

マダラの冷凍変性抑制に関する知見の集積を目的とし、冷凍前処理条件と解凍条件の組み合わせを検討する。さらに、生食用冷凍マダラの品質を明らかにし、付加価値の向上を図る。

 

お問い合わせ先

総務課

  • 住所:〒099-3119 北海道網走市鱒浦1丁目1番1号
  • 電話番号: 0152-43-4591
  • ファックス番号:0152-43-4593
  • メール:abashiri-fish@hro.or.jp

ページのトップへ