令和2年度 事業概要

ページ内目次

調査研究部

研究課題名 研究内容

漁業生物の資源・生態調査研究
(継続)

カレイ類、キチジ、ミズダコ、ケガニ、スケトウダラ、ホッケ、サンマ、その他浮魚類、ウニ類の分布、年齢、成長等の基礎的生態の知見集積と資源評価を行う。

資源評価調査
(継続) 

スケトウダラ、マダラ、ホッケ、キチジ、マガレイ、ニシン、サンマ、マイワシの生物情報収集調査及び生物測定調査を行う。 

北海道資源生態調査総合事業
(H22-継続) 

北海道資源管理指針の見直しにあたり、漁業生物の資源状況や生態把握及び適切な管理等に関する科学的データの収集を目的とする。 

ホタテ貝等二枚貝に関するモニタリング調査(H17-継続) 

有毒プランクトンの出現状況から貝毒力の上昇期および下降期を海域別に推察し、関係機関に速報する。 

ホタテガイ成長モニタリング調査(R2-4)

ホタテガイの成長、体成分、海洋環境のモニタリングおよび貝柱歩留不良予測を実施する。また、流氷期~春季ブルーム期における餌料環境の連続観測を行う。

画像解析技術を利用した地まきホタテガイ漁場底質分布推定技術開発(H30-R2)

海底画像と底質および生物相の同時調査を実施することにより、ホタテガイ漁場の底質および競合生物相の状況からホタテガイ漁場の生産力を推定する。

内水面漁業養殖業の統計と漁業生物の資源生態・環境調査研究(H27-継続)

内水面漁業と養殖業の漁獲・生産資料を収集し、資源動向の把握と漁業対象種の生物学資料の収集および生息環境のモニタリング調査を実施する。

環境DNAを用いたヤマトシジミ資源量推定に向けた基礎研究(R2-4)

網走湖のシジミ資源量推定に向けて、環境DNA分析手法が利用可能かを検討する。

サロマ湖におけるアサリ天然採苗に関する研究(H30-R3)

天然採苗を利用した資源造成手法の開発を目的とし、網袋を用いてアサリの天然採苗を確保し、かつ稚貝の減耗を抑制して資源造成を図る。

網走海域におけるホッキガイ資源増大技術の開発(H30-R2)

開発された種苗生産・中間育成技術を活用し、網走市内水産関係機関が連携して種苗生産から放流効果調査を実施するとともに、技術の改良を目的とする。

 

加工利用部

研究課題名 研究内容

近未来の社会構造や環境の変化を見据えた力強い食産業の構築 道産の食品素材を用いた調味料の製造技術開発(R2-6)

食の簡便化による消費者のブレンド調味料の需要に対応し、北海道産の素材を活かした風味の優れたブレンドエキス調味料を開発する。

道産ブリの加工利用を促進させる高次加工品製造技術の開発(H30-R2)

道産ブリの利用・消費拡大を目指し、魚種変化への対応を迫られている道内水産加工業界に向け、認知・利用度が低いブリを原料とした複数の高次加工品を製造する技術を提供することで、道産ブリの付加価値向上と利用促進を図る。

乾貝柱の高品質維持および生産安定化に関する研究(H30-R2)

乾貝柱の高品質維持のための乾燥方法の最適化を図り、新規乾燥法を検討する。品質に関する実態調査を継続し、高品質保持のための情報普及を図る。

道産道産養殖ニジマスの冷凍・解凍処理による刺身商材の品質コントロール技術開発(R2-4)

道産養殖ニジマスの刺身商材について、冷凍・解凍処理の効果的な組み合わせによる品質コントロール技術を開発する。これにより、喫食者が好む 2 種類の食味特性を、計画的に調製し、安定供給を図る。

依頼試験(継続)

水産業界からの依頼により、分析を行い、業界の円滑な活動を支援する。

水産加工技術普及指導事業(継続)

移動加工相談室の開催、巡回指導を行う。

 

お問い合わせ先

総務課

  • 住所:〒099-3119 北海道網走市鱒浦1丁目1番1号
  • 電話番号: 0152-43-4591
  • ファックス番号:0152-43-4593
  • メール:abashiri-fish@hro.or.jp

ページのトップへ