石材の所要重量算定実験

石材の安定性

    • 実験1-1
    • 実験1-2
    • 実験2
上図は,周期2.19秒の波の通過に伴い,重量12グラムの玉石が分散してゆく様子を時間を追って示したものです.
敷き詰め密度が大きいほど石材は分散し難いことがわかります。
このような実験を繰り返すことにより,急勾配地形に石材を設置する場合の重量と敷き詰め密度の関係を明らかにすることができます。

お問い合わせ先

資源増殖部 水産工学グループ

  • 住所:〒046-8555 北海道余市郡余市町浜中町238番地
  • 電話番号: 0135-22-2567
  • ファックス番号:0135-23-3141

ページのトップへ