お魚の資源評価を行う

資源管理の調査と研究

 おいしくて安全な水産物を,北海道の海からいつまでも,とれるようにする資源管理の方法を作ります。
     1) 各海域の漁獲量やその変化を調べて、お知らせします 。
     2) お魚やケガニなどの海の資源がどうなっているか調べて、お知らせします。
       北海道の重要な23魚種、47海域の資源評価(資源の健康診断)をしています。その結果は、資源管理マニュアルとして、北海道の政策検討にも活用されています。
     3) 資源をとりすぎないようにする方法を作ります。
       資源評価に基づいて、漁獲許容量=TAC(漁獲しても良い魚の量)を計算したり、資源に優しい漁具(適した網目)の研究などを通じて、資源管理型漁業のお手伝いをします。
     4) 資源を計画的に利用するため、漁況予報(お魚天気予報)をお知らせします。
       資源評価や、調査船を使った調査により、魚が「いつ」「どこで」「どれくらい」とれるか予測して、お知らせします。
    • 資源管理の調査と研究概要説明

北海道主要魚種の資源評価結果(2018年度版)

    • 資源評価地図2018

お問い合わせ先

資源管理部 資源管理グループ

  • 住所:〒046-8555 北海道余市郡余市町浜中町238番地
  • 電話番号: 0135-23-8707
  • ファックス番号:0135-23-8709

ページのトップへ