調査研究部 管理増殖グループ

業務について

 調査研究部は 、胆振、日高海域における水産資源の維持増大を図るため、資源の評価・管理技術と、増殖技術の開発に関する試験研究を行います。

管理増殖グループ(Resources Management and Enhancement Group)

漁場利用(Coastal Resources Utilization)
資源・漁業の動態モニタリング、 資源管理技術などに関する調査研究を行います。
主な対象種:スケトウダラ・ケガニ・シシャモ・ハタハタ・マガレイ・ソウハチ・キチジ
栽培技術(Mariculture Technology)
種苗放流技術、放流初期減耗抑制技術、地域栽培対象資源の基盤研究等に関する調査研究を行います。
主な対象種:マツカワ・ハタハタ・ホッキ(ウバガイ)・ホタテガイ・ウニ・ナマコ・海藻類 
生物化学(Biochemistry)
種苗の生化学的評価手法の開発、人工種苗の質的向上、対象生物の栄養要求、餌料の開発などに関する 試験研究を行います。
主な対象種:マガレイ・ハタハタ・キツネメバル

お問い合わせ先

調査研究部 管理増殖グループ

  • 住所:〒051-0013 北海道室蘭市舟見町1丁目156番3号
  • 電話番号: 0143-22-2327(直通)

ページのトップへ