スケトウダラ

スケトウダラの資源評価と予測

えりも岬から恵山岬までの道南太平洋海域は、産卵のために来遊するスケトウダラを対象とした漁業が行われています。栽培水産試験場ではこのスケトウダラ資源の評価を行い、漁況予報資料を提供しています。
将来の資源の予測は、コンピュータによるシミュレーションを行い、どれくらいの漁獲で資源が増加するのか,あるいは減少するのかを計算しています。 
    • 計量魚探調査

(1)計量魚探調査
水産試験場の調査船に装備された計量魚探を使ってスケトウダラの量を直接調べます。


(2)操業日誌調査
漁業から得られた情報を用いてスケトウダラの量の増減を把握します。

(3)資源解析 
漁獲量や魚の大きさなど漁業から得られた情報や計量魚探調査の結果を用いてスケトウダラの量を推定します。
    • スケトウダラニュース
    • 資源評価
両方の調査結果を総合して,スケトウダラニュースや資源管理マニュアルを発行しています。

(1)漁況予測:スケトウダラニュース
(2)国や北海道が行っている資源評価 

お問い合わせ先

調査研究部 管理増殖グループ

  • 住所:〒051-0013 北海道室蘭市舟見町1丁目156番3号
  • 電話番号: 0143-22-2320(代表)

ページのトップへ