試験調査船「北洋丸」について

北洋丸について

調査業務と担当水域

漁労設備
資源調査および海洋観測調査を実施しています。
担当水域
北水試では,平成22年度より北洋丸,金星丸,北辰丸の3船で海域を分担しています。
このうち,北洋丸は道西日本海,宗谷海峡およびオホーツク海を担当しています。

特徴

漁労設備

オッタートロール,ビームトロール(ソリネット),フレームトロール,表層ネット,えび籠など,底魚資源および浮遊仔稚魚の調査に特化した漁労設備を充実させています。

計量魚探機 

シムラッド社製計量魚群探知機(EK60:38キロヘルツおよび120キロヘルツ)を装備,年間8航海ほどスケトウダラやホッケを対象に音響資源調査を実施しています。

主要目

    • 北洋丸
  • 総トン数:237トン
  • 全長:42メートル
  • :8メートル
  • 深さ:3.4メートル
  • 主機関:1,600馬力
  • 最大速力:13.9ノット
  • 搭載人数:26人
  • 進水:1994年12月16日

お問い合わせ先

調査研究部 管理増殖グループ

  • 住所:〒097-0001 稚内市末広4丁目5番15号
  • 電話番号: 調査研究部(直通):0162-32-7166、7188
  • ファックス番号:0162-32-7171

ページのトップへ