Forest Products Research Institute

道産ニュータイプきのこレシピ集

(2015年1月8日掲載)


 

林産試験場で品種や栽培技術を開発した道産ニュータイプきのこ3種(エゾユキノシタ、ムキタケ、トキイロヒラタケ)について生産振興と消費拡大を図ることを目的に、和食・洋食・中華料理の一流料理人による調理講習会を開催しましました。
ユキノシタは旨味が多くシャキッとしていて栽培期間の短縮が可能な新品種を育成しました。
ムキタケについては食感がよい大型のきのこを生産する栽培技術を提案しました。
トキイロヒラタケはアンチエイジング効果を示す成分が多い品種を選抜し、栽培技術を確立しました。
これらのきのこについて一流料理人に依頼し、レシピ(各きのこ和・洋・中の3種)を作成したので、紹介します。 是非、調理にトライしてみて下さい。


エゾ雪の下 ムキタケ トキイロヒラタケ

エゾユキノシタ
(野生型エノキタケ)

・ エゾユキノシタ吹き寄せ玉子

・エゾユキノシタのクリームスープパスタ

・たっぷりエゾユキノシタ入り酸っぱくて辛いスープ

ムキタケ

・ムキタケ彩りちらし寿司

・ムキタケのハッシュ・ド・ブッフ

・ムキタケのオイスターソース煮


トキイロヒラタケ

・トキイロヒラタケの挟み揚げ

・イカと小海老のエスカベーシュトキイロヒラタケ添え

・トキイロヒラタケと鶏ささみ・くらげたっぷり葱ソースがけ

 

 


お問い合わせは
利用部 微生物グループ(担当:米山)
電話:0166-75-4251(ダイヤルイン)
FAX:0166-75-3621
Forest Products Research Institute

ページのトップへ