技術指導
道内企業、団体、大学及び試験研究機関が抱える技術的課題の解決を支援するため、技術指導を行います。
指導方法
  1. 工業試験場職員を必要に応じて企業等に派遣する指導。
  2. 工業試験場に企業等の技術者を受け入れる指導。
  3. 上記2つを合わせた指導。
指導期間

工業試験場の職員を企業等に派遣する場合は、1企業あたり20日以内です。

工業試験場における指導は、毎年4月1日から翌年3月31日までの期間です。

※詳細は技術指導実施要領(PDF:71KB)をご覧ください。
依頼方法

依頼する技術内容等については、事前に担当研究職員とご相談の上、技術指導依頼書に必須事項を記入し、指導開始の10日前までに担当研究職員に提出してください。

◆技術指導依頼書(一太郎:36KBWord:21KBPDF:126KB
経費の負担

技術指導に要する費用は、原則として依頼者の負担となります。

写真:支援事例
お問い合わせ先
ものづくり支援センター工業技術支援G
TEL:011-747-2345
FAX:011-726-4057
E-Mail:iri-sodan@ml.hro.or.jp

ページのトップへ