道南農試近くの交差点に立つ看板

「ふっくりんこ」(旧系統名:渡育240号)

 道南地域ではもともと北海道の他の地域と異なり「巴まさり」「ほのか224」(いずれも道南農業試験場育成)等の晩生品種が平成のはじめ頃まで栽培されてきました。その後、上川農試で育成された「きらら397」、「ほしのゆめ」等が道南地域にも普及し、平成14年には道南地域で栽培される稲の98%がこれら中生品種となっていました。

 一方で、温暖で秋が長い道南の気候に適した晩生の良食味品種を求める声は強く、道南農業試験場では平成15年に「ふっくりんこ」(渡育240号、登録番号:第13868号)を育成しました。本品種は、現在ではおいしい道産米品種のひとつとして広く認知され、道南地域の主力品種となっています。


〇品種の特徴
・長所-良食味で低タンパク、障害型耐冷性が強い
・短所-いもち病抵抗性がやや弱い、粒厚が薄い


詳しい特徴はこちらをご覧ください。(pdf)


育成品種に戻る

ページのトップへ