スルメイカ

スルメイカ/するめいか/鯣烏賊

    • スルメイカ
    • スルメイカ

分布・回遊

北海道周辺に分布し資源量が多いのは,冬生まれ群と秋生まれ群である。いずれの群も北海道近海には産卵場がなく,北海道へ来遊するのはおもに索餌のためである。

冬生まれ群は九州南西岸から東シナ海で12~3月に生まれる。稚仔は,太平洋側では黒潮,日本海側では対馬暖流に乗って本道へ来遊する。
早いものでは5月,桜の咲く頃には道南に現れる。8月に最も分布を北側海域へ広げ,日本海側では沿海州,サハリン西岸に達する。
また,太平洋側では道東から千島列島南部海域に広がり,その一部はオホーツク海にも入る。9月頃から水温の低下,性成熟の進行にともない南下移動を始める。

秋生まれ群は9~11月頃,九州西岸から日本海南西部沿岸で生まれ,冬生まれ群と同じように対馬暖流に運ばれ日本海を北上する。
分布は冬生まれ群より沖合寄りで,春には対馬暖流と北方冷水の境界付近に密集し,7月頃日本海全体に広がる。
8月頃には利尻・礼文島を越え,モネロン島付近に達する。8~9月には南下回遊を始める。また,この群は太平洋側にはほとんど分布しない。  

お問い合わせ先

調査研究部 管理増殖グループ

  • 住所:〒097-0001 稚内市末広4丁目5番15号
  • 電話番号: 調査研究部(直通):0162-32-7166、7188
  • ファックス番号:0162-32-7171

ページのトップへ