クロマツ海岸林の管理技術

密度管理技術の改善

<目的>
道南地方の海岸には、クロマツ海岸林が造成されています。強風害や冠雪害を防 ぐためには、適正な間伐を施し、樹冠を発達させて幹を十分に太くする必要があります。しかし、海岸地域は海風が強く、いくら耐塩性が高い樹種でも 海塩によって枯死する場合があります。そのため、海岸林特有の密度管理が必要となります。

<成果>
1.密度管理図を用いた間伐方法

図-1 北海道におけるクロマツ海岸林の密度管理図
※図の例では,当初2000本/ha・240m3/haだった林分(オレンジ色の丸印)が,間伐後,矢印の方向へ移動して1400本/ha・180 m3/ha になる。

2.実際の間伐効果
間伐することで,どのていど生枝の枯上がりが抑えられ,形状比(=樹高/幹 直径)が変化するのか調べました。調査は,門別町富川のクロマツ海岸林(1987年造成)で行ないました(図-2)。この林分は1992年5月に間伐され ,再調査は2001年(15年生時)に行ないました。2001年現在,内陸側の1区・3区は地位指数が7程度,海側の2区・4区は8程度の林分です。

図-2 間伐試験地の配置

結果は,次のとおりでした。
1)内陸側における60%間伐(3区)は枝の枯上がりを抑制し,形状比を低下させた。
2)60%という強度の間伐(2区・3区)でも林冠は閉鎖できる。
3)海側の二区画(2区・4区)では,間伐による疎開のために枯死した個体が比較的多くみられた。
以上から,地位指数が7程度のような,海に近い側は間伐を行なわない犠牲林帯として取り扱い,地位指数が8以上の林分では,林齢が若いうちに思い 切った間伐が必要と考えられます。

<発表>北方林業 (2001) 53:265-268,光珠内季報 (2001) 125:1-5,光珠内季報 (2003) 129:11-14

密度管理図をもとに間伐を行なったクロマツ海岸林
(恵山町中浜)
間伐試験地を設定したクロマツ海岸林
(門別町富川)


ページのトップへ