理事長挨拶

北海道立総合研究機構 理事長 丹保憲仁

地方独立行政法人北海道立総合研究機構(略称:道総研)は、平成22年(2010年)に設立され2期10年が経過する中、農業、水産、森林、産業技術、エネルギー・環境・地質及び建築・まちづくりといった幅広い分野での総合力を強みとして、多くの外部機関との連携も図り、着実に研究成果を生み出してきました。

 

 一方、全国を上回るスピードで進行する本道の人口減少・高齢化をはじめ、深刻化する資源・エネルギー問題といった社会経済情勢の変化や科学技術の進展は、本道経済や道民生活にさまざまな影響を及ぼしています。

 

 こうした時代の大きな流れに適時・的確に対応するとともに、将来を見据えた研究開発を推進していくため、令和2年(2020年)4月から始まった第3期中期計画においては、各研究分野の特性に応じた研究開発を着実に推進するとともに、研究成果の実用化、事業化も視野に入れながら、取り組むべき課題の選択と集中の観点に立って、総合的、戦略的に研究開発を推進し、「食」「エネルギー」「地域」を研究の柱として、地域社会の維持、発展に貢献していきます。

 

 また、北海道の強みである1次産業やさまざまな地域特性を生かした「北海道のあるべき姿」に関わる提言とその実現に向けた研究開発にも積極的に取り組んでまいります。

 今後とも、基本理念である「ほっかいどうの希望をかたちに!」のもと、職員一人ひとりが研究開発等を通じて、夢のある北海道づくりに取り組んでいきますので、道民の皆様のご支援とご協力をお願いいたします。




令和2年4月1日

北海道立総合研究機構
理事長 田中 義克



丹保前理事長挨拶

ページのトップへ