作物開発部 作物グループ(畑作)

業務と概要

  作物グループ(畑作)では、道央5振興局(石狩、後志、空知、胆振、日高)を対象とした畑作物(麦類、豆類、ばれいしょ、てんさい、そば)の品種開発と栽培法改善に関係機関と協力、連携しながら取り組んでいます。



研究スタッフ一覧(別ページで作物グループ全体の研究職員データベースが開きます)


麦類



・春まき小麦の試験

  北見農試やホクレンで育成された系統の道央地帯への適応性を検定し、収量や品質が優れる系統を選定しています。また、初冬まき栽培での収量や品質についても調査しています。また、春まき小麦で特に問題となる赤かび病や穂発芽性の試験を行い、これらの障害に強い系統を選抜しています。


・秋まき小麦の試験

  北見農試や北農研センターで育成された系統の道央地帯における適応性を検定しています。赤さび病やコムギ縞萎縮病に関する試験も実施し、より優れる品種の開発を関連機関とともに取り組んでいます。

これまでの成果



豆類


  大豆や小豆は、寒さに弱い品種や秋が短いとうまく実が太らない品種があります。そのため、広い北海道では、寒い十勝やオホーツク地域と暖かい道央・道南地域で栽培できる大豆や小豆の品種が一部異なります。中央農試では、道内でも比較的暖かい地域であることを活かして、様々な試験を実施しています。

・大豆の試験

  大豆は、北海道では平成20年以降栽培面積が増加傾向にあり、約40000ha(H30)が栽培され、道央、道南ではおよそ半分が作付けされています。また、全道の生産量は全国の約39%(H30)を占めています。中央農試では、十勝農試育成の有望系統について、道央地帯における適応性を検定するとともに、ウイルス病であるダイズわい化病や転換畑で深刻な問題である湿害に対する抵抗性を検定し、これらの障害に強い大豆系統を選抜しています。また、冷涼な十勝農試では選抜できない道南向け晩生品種の交配、選抜を行うなど、大豆品種開発の一翼を担っています。

・小豆の試験

  十勝農試で育成された系統の道央地帯における適応性を検定します。また、夏が暑い道央地帯では、年によっては小豆の粒が小さくなったり(小粒化)、粒の色が濃くなりすぎる(濃赤化)ため、気温が高くても小粒化、濃赤化しない系統の選抜を行っています。

これまでの成果



ばれいしょ



  ばれいしょとは、ジャガイモのことです。作物グループでは、ばれいしょの適応性検定を行っています。道央地帯のばれいしょは、市場出荷用(生食用)と種いも用が主体です。北海道農業研究センター、北見農試で育成された系統および輸入品種等の道央における適応性の検定を行っています。

てんさい



   てんさいは、その根から砂糖をとる日本では北海道にしかない畑作物です。ホウレンソウの仲間ですが、草丈50cm、根の重さは約1kgにもなる大きな植物です。作物グループでは、てんさいの根の病気である黒根病の試験を行っています。

これまでの成果

そば



   そばは、近年栽培面積が増加し、全道で約24000ha(H30)が栽培されており、そば生産地域では経営上重要作物の一つです。全道の生産量は全国の約4割を占めており、国産そば安定供給上重要な役割を担っています。生産振興のために多収で栽培特性が優れる高品質そば品種の開発が求められています。北海道農業研究センター育成系統ならびに品種について、農業改良普及センターと共に現地における特性、適応性を検定しています。


これまでの成果


作況報告


  当報告は、中央農業試験場のほ場において、小麦、豆類および馬鈴薯の生育を調査し、公表しています。なお、調査時点における値を中央農業試験場の平年値と比較したものであり、当該管内の作況を代表するものではありません。

本年度の中央農試作況報告
・5月20日付けから掲載します。

全道の作況報告
・他の道立農試等の作況。



資料室


麦類資料過去の北海道優良品種一覧

ページのトップへ