最終更新:平成30年5月14日

農業環境部


部の概要

環境と調和した持続的農業の推進に向けて、環境負荷が小さく有害物質を蓄積させない農産物の生産技術、クリーン農業・有機農業を支援するための技術、畑作物および園芸作物の土壌管理などの研究に取り組むとともに、生産基盤の整備に関する調査、肥料などの検査、依頼分析などを実施しています。

 

 

農業環境部

部長

中本 洋

環境保全グループ

研究主幹

中村 隆一

栽培環境グループ

研究主幹

谷藤 健

 

関連資料へのリンク


北海道施肥ガイド2015(施肥標準・診断基準・施肥対応)
道内主要作物の地帯別・土壌別の標準的な施肥量、土壌診断および作物栄養診断に基づく施肥の基準、各種の指標

土壌・作物栄養診断のための分析法2012(平成24年)

北海道の耕地土壌Q&A
土壌の種類、分布や土壌図に関する質疑応答集

北海道の土の素顔
-北海道の代表的土壌の断面写真集-

北海道土壌区一覧(改訂版)(H20)
全道212市町村の、合計約3600の土壌区の面積、生産力可能性分級式、土壌の種類等を記載

地力保全基本調査による北海道の耕地土壌図
道内183市町村について土壌調査調査報告書および土壌図画像等を掲載

硝酸性窒素汚染防止のための施肥管理の手引き・追補版(H17)

特定政策研究 「 安全・安心な水環境の次世代への継承 -硝酸性窒素等による地下水汚染の防止・改善 」 成果集(H21)

戦略研究「地球温暖化と生産構造の変化に対応できる北海道農林業の構築-気象変動が道内主要作物に及ぼす影響の予測-」
成果集 (H23)

秋まき小麦「きたほなみ」の生育管理ツール~NDAS、makiDAS、T-NDAS~ダウンロード


ページのトップへ