病虫部 病害虫グループ



1.グループの概要

  道央地域の病害虫に対する問題解決のため、新発生病害虫や難防除病害虫など、まだ防除方法が確立されていない病害虫を対象に、

発生生態(生活や生存の様式、発生の仕方や被害の特徴など)の解明や防除対策の確立の試験を実施しています。

 また、クリーン農業を推進するため、恒常的に発生したり、あるいは農薬が多用されている農作物病害虫に対して、

IPMの視点から防除法を開発・改良・確立する試験研究を行っています。

 さらに道央地域の有機農業を推進するための病害虫に関連する試験を実施しています。


IPM(integrated pest management)とは、天敵生物や耕種的防除、化学農薬など様々な防除対策を

効果的に組み合わせて、病害虫を総合的に管理する防除の考え方です。



2.試験課題

1)赤さび病の適正防除による秋まき小麦「きたほなみ」の多収技術の確立(令和3-5年)

  「きたほなみ」の安定生産を実現するために生育・収量特性に合わせた赤さび病の防除対策を確立するとともに、

開花期の赤かび病との同時防除や薬剤耐性菌リスクを考慮した最適かつ最小限の適正防除体系を構築する。

2)安定確収を目指した秋まき小麦有機栽培技術の確立(令和2-4年)    

  北海道における有機小麦栽培の拡大のため、雪腐病、赤かび病発生の影響を明らかにし、越冬性の向上と雑草軽減を可能とする

安定確収栽培技術を確立するとともに、品質向上を目指した肥培管理法を開発する。

3)気象変動に対応した高品質で安定生産可能な道産小麦の開発促進(令和4-6年)

  早い世代からの抵抗性検定により、効率的に赤かび病抵抗性“やや強”以上および「春よ恋」よりもDON汚染程度の低い系統を選抜する。

4)有機栽培・特別栽培で利用可能な光防除技術の開発(令和3-5年)

  コナガ成虫の正常な行動を阻害する光応答反応を解明し、有機栽培や特別栽培アブラナ科作物で利用可能な光防除技術の開発に繋げる。

  また大豆のマメシンクイガの光防除技術を確立する。

5)道産かぼちゃ3トンどり省力栽培法と長期安定出荷技術の開発(令和4-6年)

  一斉収穫と長期貯蔵に適した多収品種を選定し、直播・密植・無整枝等によるかぼちゃの超多収省力栽培法を開発する。

  また、収穫後の調整・貯蔵法を改良し、高品質な道産かぼちゃの長期安定出荷技術を開発する。

  最適条件で収量3t/10aおよび出荷期間3月まで、平均条件で収量2t/10a以上(慣行の倍増)・出荷期間2月までを目標とする。

6)新農業資材の実用化(昭和55年~)

  新たに開発された農薬の登録について、各種病害虫に対する防除効果と薬害の有無を検討し、農業資材の実用化に資する。

7)その他の課題

  ①春まき小麦の品種選定試験(令和2-7年)

  ②病害虫発生予察調査


3.最近の成果

 水稲

  1)水稲の直播栽培におけるイネドロオイムシを主体とした初期害虫の効率的防除法(平成30年)

  2)水稲の紋枯病と赤色菌核病の発生実態と防除対策(平成30年)

  3)ばか苗病菌の水稲育苗行程における汚染防止のための注意点と対策(令和2年)

 畑作

  1)平成27年~28年のアズキ茎疫病菌レースの分布(平成30年)

  2)スイートコーンの褐色腐敗病の防除対策(平成29年)

  3)スイートコーンにおける黄色LEDを利用した鱗翅目害虫防除技術(令和2年)

 園芸

  1)特別栽培のためのだいこん病害虫の防除体系(平成30年)

  2)ブロッコリー栽培における化学合成農薬・化学肥料削減技術の高度化(平成29年)

  3)施設栽培ほうれんそうのコナダニ被害を抑制する土壌管理法の確立(平成28年)

  4)ブロッコリー黒すす病の効率的防除対策(令和2年)

  5)ブロッコリー根こぶ病の圃場診断・対策支援マニュアルを活用した防除対策(令和3年)

 果樹

  1)醸造用ぶどうの有機栽培における病害虫の発生実態および防除の改善策(令和2年)

   ・有機ワインぶどう病害虫図鑑


職員

  研究主幹 西脇 由恵

  主査(防除技術) 新村 昭憲

  研究主査 橋本 直樹

  研究主任 齊藤 美樹

  研究職員 中島 賢 

ページのトップへ