Dairy Research Center
北海道立総合研究機構 酪農試験場
― 酪農研究通信 ―
研究通信は、酪農試験場(旧根釧農業試験場)で発行している小冊子です。
内容は、酪農試験場(旧根釧農業試験場)にて各年度に終了した主な研究の成果の要約と、主催した主な行事をまとめています。
ここには印刷物と同じものをPDFファイル(第1~11号はhtmlファイル)で用意しています。
酪農の生産・普及・行政の現場でご利用いただければ幸いです。

なお、道内試験研究機関等が行う農業関係試験研究の成果をまとめたものをこちらに掲載しております。


酪農研究通信 酪農試験場TOPへ
第1~10号(平成4~11年度) 第11号~(平成12年度~)

      


令和2年度 酪農試 酪農研究通信 第29号 2021年3月

表紙・目次


令和2年度の研究成果


1.泥炭草地の更新で除草剤を使える条件

2.土壌凍結地帯の放牧地でペレニアルライグラスを追播利用

3.チモシー1番草の出穂を予測する

4.自動給餌機導入で酪農経営のゆとりと所得アップ

5.乳牛ふん尿を「ほぼ無臭」にする新たな曝気処理技術と堆肥化資材

●酪農試験場 酪農研究通信29号 2020年3月(全文)


令和元年度 酪農試 酪農研究通信 第28号 2020年5月

表紙・目次


令和元年度の研究成果


1.初産牛の乳量を高めよう

2.放牧経験のない育成牛は放牧前に寒冷馴致をしましょう

3.草地更新前のライ麦栽培で飼料を確保!

4.播種後の天候がポイント!飼料用とうもろこしの効果的な窒素施肥

5.簡易更新法および完全更新法により更新した草地の生産性

6.チモシー採草地に対する「セラコートR」を用いた早春全量施肥の効果

 

令和元年度の研究情報

 


1.産子の卵巣予備能と母体環境の関係



令和元年度の主な行事



    試験場公開デー、第32回酪農フォーラム


● 酪農試験場 酪農研究通信28号 2020年5月 (全文)



平成30年度 酪農試 酪農研究通信 第27号 2019年5月

表紙・目次


平成30年度の研究成果


1.乾乳期の乳牛はこうして飼おう!

2.酪農場のデータを使って健康状態を改善する

3.グラスシーダで播く時はこの量で!

4.気象予報を取り入れ早期にピタリ予測!飼料用とうもろこしの収穫適期

5.飼料用とうもろこしへの加里施肥は「塩化加里」で低コスト安定生産


 

平成30年度の研究情報

 


1.規模拡大すると放牧を続けるのは無理なのか?



平成30年度の主な行事



    試験場公開デー、第31回酪農フォーラム


● 酪農試験場 酪農研究通信27号 2019年5月 (全文)





平成28年度 根釧農試 酪農研究通信 第26号 2017年6月

表紙・目次


平成28年度の研究成果


1.草地管理からみた牛乳生産コストの規定要因

2.作溝法による草地の簡易更新時における施肥・播種量

3.マップで選ぶ、飼料用とうもろこしの最適品種

4.収量水準と地力で決める!飼料用とうもろこしの窒素施肥

5.性判別精液を若雌牛に種付けするタイミング

6.公共牧場での乳用後継牛の春の発育不良対策と昼夜放牧開始体重の目安

 

平成28年度の研究情報

 


1.アンケート調査による道内酪農場における周産期の飼養管理の実態



平成28年度の主な行事



    試験場公開デー、第29回酪農フォーラム


● 根釧農試 酪農研究通信 第26号 2017年6月 (全文)


平成27年度 根釧農試 酪農研究通信 第25号 2016年3月

表紙・目次

1.新しい草地植生改善・草地更新の方法

2.草地更新後の植生を維持するための初期管理

3.地域ぐるみで植生改善に取り組もう!

4.リン酸の蓄積した草地では、更新時の減肥ができます!

5.飼料用とうもろこし 新しいマルチ栽培の特徴

6.牧草サイレージのTDN推定式の改良

 

7.新型スタックサイロ(uw法)の造成・調整技術とスタックサイロ用新型重石

 

 

8.畜産農場におけるカラス・ハトなどの野鳥のリスクと防鳥対策

 


※7.8.は平成25年度の研究成果ですが、特許取得のため公表を控えていました。この度、公表が可能となりましたので、掲載いたします。


平成27年度の主な行事
(根釧農試公開デー、第28回酪農フォーラム)

● 根釧農試 酪農研究通信 第25号 2016年3月 (全文)

平成26年度 根釧農試 酪農研究通信 第24号 2015年3月

表紙・目次

1.もっと牧草サイレージを食べさせよう:繊維消化速度を考慮した飼料設計

2.子宮内膜炎の予防が乳牛の繁殖成績を上げる近道

3.乳牛におけるDDGSの飼料特性と産乳性

4.子牛を寒さから守ってすくすく育てよう

5.牧草収量が少ないのはシバムギのせいかもしれません

6.地図で見える化!根釧地域のアルファルファはいつまでに播けばいいのか?

7.収量性およびマメ科牧草定着から見た夏季更新の播種晩限

 

8.草地にふん尿を長期連用!土、草、環境への影響は?

 

 

9.コスト低減!あなたの牛乳生産費を比べてみよう

 

 

10.優良経営にみる酪農場内の作業分担と作業管理のポイント

 

 

11.新しい牧草・飼料作物の品種

 

平成26年度の主な行事
(根釧農試公開デー、第26回酪農フォーラム)

根釧農試 酪農研究通信 第24号 2015年3月 (全文:4.1M)








平成25年度 根釧農試 酪農研究通信 第23号 2014年3月
表紙・目次
1.飼料用トウモロコシは、土壌微生物の力でリン酸減肥栽培ができます!
2.酪農場をまるごと施肥改善!土・草・牛と肥料代はどう変わる?
3.すす紋病による飼料用とうもろこしの減収程度-実態と推定法-
4.黒穂(メドウフォックス)に牧草地が占領されないための防除技術
5.ニーズに合わせた大きさのTMRロールベールを調製できます
  6.牛マイコプラズマ乳房炎を防ぐためのポイント  
7.新しい牧草・飼料作物の品種
平成25年度の主な行事
(根釧農試公開デー、第26回酪農フォーラム)
根釧農試 酪農研究通信 第23号 2014年3月 (全文:4.0M)



平成24年度 根釧農試 酪農研究通信 第22号 2013年3月
表紙・目次
1.草地更新時におけるリン酸施肥量の新しい算出法
2.飼料用トウモロコシ畑でのふん尿活用法 -減肥可能量と施用上限量-
3.年1回刈りしたチモシー晩生品種「なつさかり」採草地の特性
4.根釧地域でのとうもろこしの安定栽培法
5.酪農家が実施可能な削蹄技術
  6.冬も換気していますか?  
7.エクセルでできる!牛乳の生産費集計システム
  8.自給飼料主体TMRセンターの収益実態と運営安定化方策  
  9.新しい牧草・飼料作物の品種  
平成24年度の主な行事
(根釧農試公開デー、根釧新技術発表会)
根釧農試 酪農研究通信 第22号 2013年3月 (全文:3.2M)



平成23年度 根釧農試 酪農研究通信 第21号 2012年3月
表紙・目次
1.小規模工房で特色あるチーズを製造する方法
2.北海道におけるブラウンスイス種の特性
3.搾乳ロボットを使って搾乳回数をコントロールすることにより、
牛群の乳量差を小さくして、ボディコンディションスコアを改善する
4.超音波画像(エコー)を用いた子宮の検査法
5.空から採草地のマメ科率を調べよう!
  6.除草剤を使わない草地更新技術  
7.現在の採草地の植生は悪い!草地更新時に原因がある?
平成23年度の主な行事
(根釧農試公開デー、根釧農試主催講演会)
根釧農試 酪農研究通信 第21号 2012年3月 (全文:1.8M)



平成22年度 根釧農試 酪農研究通信 第20号 2011年3月
表紙・目次
おしらせ新しい根釧農業試験場がスタートしました
1.草地更新時に施用した乳牛スラリーの肥効評価
2.乾乳期間を短縮すると牛はどうなるか?
3.乳量に連動して飼料給与量を調節するシステムは有効か?
4.パーラー搾乳酪農場における乳頭清拭装置の作業性と清拭効果
5.新しい牧草・飼料作物の品種
トピックスとうもろこし病害の発生について
平成22年度の主な行事
(なかしべつ科学フェスティバル、根釧農試共催3大学連携シンポジウム
根釧農試 酪農研究通信 第20号 2011年3月 (全文:5.9M)



平成21年度 根釧農試 酪農研究通信 第19号 2010年3月
表紙・目次
1.草地酪農はどこへ向かうか?
2.スラリー散布に伴う臭気問題の発生抑制に向けたゾーニング゙手法による計画策定
3.素早くまけて臭くない草地用ホース牽引式液状ふん尿帯状施用機
4.土壌診断に基づく施肥を可能とする自動単肥配合機の開発
5.分別処理方式によるミルキングパーラー排水の低コスト浄化施設
6.宇宙からシバムギ、リードカナリーグラスを見分けよう!
7.牛の炎症指標である血中ハプログロビンを簡易・迅速・安価に測定する方法
8.道東でのサイレージ生産過程における温暖過負荷
9.新しい牧草品種
平成21年度の主な行事(農試公開デー、酪農フォーラム、酪農講座)
根釧農試 酪農研究通信 第19号 2010年3月 (全文:3.3M)



平成20年度 根釧農試 酪農研究通信 第18号 2009年3月
表紙・目次
1.カーフハッチにおける4週齢離乳法
2.パイプハウス牛舎で健康な子牛を育てる
3.泌乳牛の健康に及ぼす放牧の効果
4.しょうゆ油は泌乳牛用飼料として利用できます
5.分娩後の体温測定の重要性
6.60℃30分の加熱処理による殺菌性能と免疫効果
7.乳頭清拭装置の作業性と清拭効果
8.搾乳ロボットを活かした酪農経営
9.超音波エコーでチーズのガスホールが見える!!
10.適正な施肥による河川水質の改善
11.自然の力を利用した排水浄化システム
12.地下埋設型密閉式ばっ気処理槽を嫌気発酵処理に転換
13.バイオガスがお宅のガステーブルで使えます!
14.新しい牧草品種と農業機械
平成20年度の主な行事(農試公開デー、酪農フォーラム、酪農講座)
根釧農試 酪農研究通信 第18号 2009年3月 (全文:4.3M)



平成19年度 根釧農試 酪農研究通信 第17号 2008年3月
表紙・目次
1.地域ぐるみTMRセンターの設立運営方法
2.根釧地域における極早生とうもろこしの無マルチ栽培
3.2番草サイレージを活用した乳生産
4.根釧地域におけるイタリアンライグラスを用いた雑草防除法
5.放牧草地の施肥量は乳牛が食べた草の量と落としたふん尿の量で決まる
6.乳牛への直接給与生菌(DFM)剤の給与効果
7.介助分娩を低減させる分娩前の飼養管理方法
8.酪農場における牛サルモネラ症の実態解明と発生防止対策
9.初乳の63℃30分殺菌の効果と利用法
10.細断型ロールベーラでTMRを梱包して変敗を防止
11.道東の採草地における温室効果ガス発生量
12.緩衝帯による草地からの養分流出削減策
13.根釧地域でのメドウフェスクを導入した集約放牧技術の経済評価
14.オペレータ増員によるロールベールサイレージ収穫・調製期間短縮の効果と支援方策
15.とうもろこし(サイレージ用)の新しい品種
平成19年度の主な行事(農試公開デー、酪農フォーラム、酪農講座、快適牛舎研究会)
根釧農試 酪農研究通信 第17号 2008年3月 (全文:3.8M)



平成18年度 根釧農試 酪農研究通信 第16号 2007年3月
表紙・目次
1.夏以降も良く伸びるメドウフェスクの放牧利用
2.放牧を利用した特色ある牛乳と乳製品
3.生乳の風味特性と機器による脂肪分解臭の迅速評価法
4.有機酪農に取り組む際の生産者と関係機関の役割分担
5.快適牛舎設計の留意点と牛床評価方法
6.搾乳関連排水浄化施設の設計・管理マニュアル
7.環境と草づくりからみた乳牛使用可能頭数の求め方
8.環境にやさしい酪農を行うための地域の取り組み方
9.流量自動制御装置によるスラリーの高精度散布
10.セミソリッドふん尿用固液分離装置と分離液の肥効特性
11.乾乳牛の糞尿量・窒素排泄量と乳牛のメタン発生量の低減
12.畜産ふん尿用バイオガスプラントによるでん粉製造廃液の処理
13.根釧地方黒ボク土採草地に乳牛ふん尿スラリーを連用すると、窒素はどこに行くか?
14.新しい牧草品種と農業機械
平成18年度の主な行事(農試公開デー、酪農フォーラム、酪農講座、快適牛舎研究会)
根釧農試 酪農研究通信 第16号 2007年3月 (全文:2.8M)



平成17年度 根釧農試 酪農研究通信 第15号 2006年3月
表紙・目次
1.道産飼料100%の乳牛飼養 (1)農業副産物の第一胃内発酵特性
(2)牧草サイレージと農業副産物による乳生産
(3)放牧草と農業副産物による乳生産
(4)高栄養飼料作物の導入可能性
2.搾乳ロボットで10,000kgを搾ろう!
3.パソコンで楽々ふん尿利用計画
4.農家チーズ工房の導入による所得の向上
5.原料乳がカード特性に及ぼす影響
6.ふん尿処理環境評価の利用法 -温室効果ガスとLCA-
7.草地にまかれたふん尿窒素の行方を追え!
8.宇宙から草地を見てわかること
9.自動牛体ブラシの有用性
10.廃プラスチック等を利用した牛床資材の利用性
11.同時拍動方式搾乳装置の特性
12.新しい牧草・飼料作物品種と農業機械
平成17年度の主な行事(農試公開デー、酪農フォーラム、酪農講座、快適牛舎研究会など)
根釧農試 酪農研究通信 第15号 2006年3月 (全文:3.2M)



平成16年度 根釧農試 酪農研究通信 第14号 2005年3月
表紙・目次
1.大型バンカサイロの踏圧法
2.乳牛哺育段階からの地域預託システムの利用効果と推進方策
3.乳牛の集団哺育施設および育成牛用餌槽の設計ガイドライン
4.集団哺育における早期離乳法
5.乳用育成牛の繁殖機能発達から見た初産分娩月齢の早期化
6.授精適期を知らせる乳牛の発情発見システム
7.バイオガスプラント消化液の特性と上手な使い方
8.LCA(Life Cycle Assessment)を用いたふん尿処理の環境評価
9.低コストで環境に配慮した個別利用型バイオガスプラント
10.共同利用型施設におけるふん尿の搬入・搬出・散布の作業時間
11.搾乳ユニット自動搬送装置導入による搾乳能率の向上
12.細断型ロールベーラによる飼料用とうもろこしサイレージの調製
13.地域のみんながふん尿を上手に使えるようにするために
14.草地を甦らせる簡易更新技術
15.新しい牧草・飼料作物品種と農業機械
平成16年度の主な行事(農試公開デー、酪農フォーラム、酪農講座、快適牛舎研究会)
根釧農試 酪農研究通信 第14号 2005年3月 (全文:5.1M)



平成15年度 根釧農試 酪農研究通信 第13号 2004年3月
表紙・目次
平成15年度の気象
1.乳牛の繁殖改善モニタリングシステム
2.牧草・飼料作物に対するふん尿主体施肥設計法
3.飼料設計のための新飼料成分表
4.土地利用型酪農・畜産地域における河川水養分負荷の実態と軽減対策
5.コントラクターを主体とした草地管理と家畜ふん尿利用システム
6.簡易ふん尿堆積場の造成法(補遺)
7.給与飼料改善による生乳中の共役リノール酸(CLA)含量向上技術
8.ミネラル・ビタミン混合飼料給与による乳牛の繁殖改善効果
9.環境負荷低減のためのパドック管理技術
10.臭気・ガス揮散抑制のためのスラリー散布および曝気処理技術
11.ホイール型トレンチャを利用した補助暗渠施行技術
12.長わら混入ふん尿の固液分離・密閉型曝気処理技術
13.酪農雑排水浄化のための人工湿地(酸化池)モデル
14.北海道東部の採草地における亜酸化窒素およびメタンの発生要因
15.パドック汚水の砂層濾過・凝集沈澱処理技術
16.新しい牧草品種・肥料
新しく始まる研究課題の紹介
平成15年度の主な行事(酪農フォーラム、酪農講座)
● 根釧農試 酪農研究通信 第13号 2004年3月



平成14年度 根釧農試 酪農研究通信 第12号 2003年3月
表紙・目次
平成14年度の気象
1.草地酪農における飼料自給率70%のための放牧飼養法とと産乳性
2.イネ科草種別シロクローバ混播牧草の飼料成分
3.乳中尿素窒素を用いた放牧期の栄養モニタリング
4.チモシー集約放牧草地における適正な施肥時期・施肥回数
5.チモシー集約放牧草地における窒素、リン酸およびカリの減肥
6.乳牛用飼料中のデンプン含量と蹄底潰瘍との関連
7.乳牛の跛行スコア活用による蹄疾患の早期発見
8.乳牛における適切な削蹄間隔と削蹄による蹄疾患の低減効果
9.バルク乳温監視装置の特性と利用方法
10.牛群検定成績における個体の乳中尿素窒素濃度の特性
11.牛乳処理室等の汚水の低コスト浄化処理
12.牛床資材別の乳牛利用性と異なる通路構造での乳牛の歩様状態
13.搾乳ロボットの利用実態と導入効果
14.アルファルファ「ヒサワカバ」の根釧地域における混播条件と永続性
15.牧草サイレージの品質と乳牛の採食性からみた春のスラリー散布
16.寒地火山灰草地の更新時におけるたい肥施用限界量と減肥可能量
17.新しい牧草品種と機械
新しくはじまる研究課題の紹介
平成14年度の主な行事(酪農講座、酪農フォーラム)
根釧農試 酪農研究通信 第12号 2003年3月 (全文:6.5M)



平成12・13年度 根釧農試 酪農研究通信 第11号 2002年3月
表紙・目次
平成13年度の気象
1.チモシー主体粗飼料のビタミン濃度~ビタミンEとβ-カロテンについて~
2.乳牛ふん尿を原料とした個人向けバイオガスプラントの提案
3.簡易ふん尿堆積場の造成法
4.電気伝導度を利用した酪農洗剤溶液の濃度推定法
5.プレディッピングにおける薬液浸漬後の乳頭清拭法
6.生乳中のビタミンB2およびB12濃度の変動要因
7.集約放牧における乳牛の繁殖と健康維持へのMUN濃度の利用
8.採草・放牧兼用利用におけるチモシー中生品種とシロクローバ品種の適性組み合わせ
9.新しい牧草の品種と機械
新しく始まる研究課題の紹介
平成13年度の主な行事(酪農フォーラム)


酪農研究通信 酪農試験場TOPへ
第1~10号(平成4~11年度) 第11号~(平成12年度~)


北海道立総合研究機構 酪農試験場 〒086-1135 標津郡中標津町旭ヶ丘7番地
TEL:0153-72-2004 FAX:0153-73-5329
このホームページ及び各資料は酪農試験場が作成しています。掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。ご意見・ご質問はkonsen-agri☆hro.or.jp(☆はアットマーク:スパム対策)までお寄せください。

ページのトップへ