家畜衛生グループ

家畜の病態生理、感染症防除技術および畜産物の安全性に関する試験研究を行っています。


研究内容

研究成果

研究実績

スタッフ

リンク

畜試TOP



地方独立行政法人

北海道立総合研究機構

畜産試験場

家畜衛生グループ

〒081-0038

北海道上川郡新得町

西5線39番地1

更新情報(2017/10/12)

・家畜衛生グループのトップページを更新しました。

・研究内容を更新しました。==>

・研究成果を更新しました。==>

・研究実績を更新しました。==>

・スタッフを更新しました。==>




トピックス最近の研究成果から

地域防疫のための酪農場の感染症モニタリング法
(平成26~28年度・経常研究)

    

酪農場において牛舎環境材料やバルク乳を用いてサルモネラ、マイコプラズマ、牛ウイルス性下痢・粘膜病ウイルスを定期的に検査すること(感染症モニタリング)は、陽性農場の検出に有効であり、地域の防疫対策向上が期待できます。現地における感染症モニタリング試行の結果から、実施時の注意事項および実施手順を提示しました。


>>研究成果






ページのトップへ