資源管理技術

ケガニ資源調査結果の活用例(許容漁獲量制)

北海道のケガニは、水産試験場の資源調査の結果をもとに許容漁獲量が設定されており、厳密な資源管理が行われています。 ここでは噴火湾海域の例を示しました。
    • ケガニ雄の齢と甲長組成
    • ケガニの資源動向
資源調査結果から、ケガニの分布状態とその生息密度、どのような大きさのカニが多いか、などの情報を蓄積・整理して、資源の動向を把握します。
    • 漁獲がない場合の資源変動シミュレーション
    • 中水準の新規加入を想定して漁獲シミュレーション
将来の資源の予測は、コンピュータによるシミュレーションを行い、どれくらいの漁獲で資源が増加するのか,あるいは減少するのかを計算しています。

これらの情報をもとに、毎年、許容漁獲量が設定され、ケガニ資源の維持・増大が図られています。

お問い合わせ先

調査研究部 管理増殖グループ

  • 住所:〒051-0013 北海道室蘭市舟見町1丁目156番3号
  • 電話番号: 0143-22-2320(代表)

ページのトップへ